CONTENTS
入塾のご案内

講師紹介

Messages from teaching staff

講師紹介
安達雄大先生

安達雄大先生

日常言語のレベルを超える難易度の文章を、日常言語のレベルを超える厳密さで読む」という

課題がそこにある。

でも僕たちは、それに日常言語の意識で立ち向かえると思ってしまう。

僕たちに必要なのは、「教科」としての現代文です。

中道亜紀子先生

中道亜紀子先生

文章の書き手が、私たちに何を伝えようとしているのか。物語の中で、登場人物は何を

思いながら生きているのか。問題文を読みながら、これらを捉えられるようになれば、

国語の得点力は確実に上がっていきます。

丁寧に文章を読む、それはどういうことなのかを、一緒に考えていきましょう。

原将人先生

原将人先生

もっとも勉強のしにくい科目である国語を、もっとも身近な日常会話レベルで考えることで、誰もが「イメージ」できる授業を展開していきます!

安江哲志先生

安江哲志先生

南山大学・東北大学卒。

こう見えて実は元演劇部(当時はかなりの出たがりだった)。授業で小説を朗読する際は、昔の血が騒いでしまう時も。

好きな歴史上の人物は源実朝。納豆は粒納豆よりもひきわり納豆の方が好き。

山田智規先生

山田智規先生

「『国語』の正体とは。」

それが分かれば、国語の世界が180°「グルっ」と変わる。

真相の全ては・・・

授業にてお話致します。さあ、ついてきてください!