愛知県・岐阜県の大学受験専門予備校
文理スクール・文理セミナー

体験談

中島未琴さん

松蔭高校卒
東京外国語大学 言語文化学部 英語学科
同志社大学 グローバルコミュニケーション学部 グローバルコミュニケーション学科
合格

◆ 文理スクールをどのように利用しましたか?(良かった所を教えて下さい。)

TT数学が始まったことをきっかけにFTTをとりはじめました。FTTは色々な科目の質問を個別形式でできることが1番の強みです。理解できるまで同じ問題を 何度も質問したし解き直しの際中にわからなくなったらすぐにまた聞きに行きました。集団授業は国語だけ受けていました。解き方を知るのと自分の中で確立するために受けました。数学が1番苦手だったのでTTがある日は友達と最初から最後までいるようにしてなるべくそこで勉強を終わらせようとしました。FTTのチューターの先生たちと話すことで気分転換にもなったし現役大学生の話はすごく刺激になりました。自分が理解できるまで向き合ってくれるのですごくありがたかったです。 公募では面接があったので北野先生に2ヶ月弱練習してもらいました。学科試験以外も対応してもらえるのが文理の強みです。

◆ 後輩たちへのメッセージとして、目標達成への過程を教えて下さい。

 まず様々な入試の種類があることを知ることが大切です。国立を目指す子は、私みたいに公募で私立をおさえ、その後は国立に専念することも一つの手だと思います。教務の先生方と相談していく中で私も公幕について知りました。私立受験が年内に終わったことは精神的に楽でした。 共通テストで思うような点が取れずそこで一番私は心が折れて一週間勉強しませんでした。ですがその後文理のスタッフにはげまされ最後までがんばることができました。 自分で自分を信じられることが一番ですが私は自分よりも自分のことを合格すると信じてくれる人たちがいたおかげでもちこたえました。最後までがんばり続けた人には絶対いいことが1つはあります。結果はどうであれ自分を信じて最後までやり切ることがこの1年 1番大切なことだと思います。受付で数え切れないほど泣きましたがその度にスタッフの方々がはげましてくれて本当にうれしかったです。こんな予備校はなかなかないと思うので、ぜひ与えられた環境をフルに活用してください。


福原廉人くん

岐阜北高校卒
名古屋工業大学 工学部 建築デザイン学科 合格

◆ 受験を振り返って、あなたの体験談を教えて下さい。

 1年生から名大を目指していて、2年生で成績がガタ落ちしてもそれでも諦めずに最後の最後までやり続けたことが合格につながったのではないかと思います。僕は2月頃から英語を特に勉強したので、後半苦手な理科科目や難易度の高い数学の問題に取り組めたのがよかったです。一年を通して長く苦しい闘いではあったが、特に夏休みの期間中と9月がしんどかったです。思ったように結果も出ず諦めかけそうになったが周りの仲間と励まし合いながら、苦しい時間も乗り越えることができました。結果は名工大で、もともと目指していた大学とは違いますが、それでもセンターE判定からの逆転合格はとっても気持ちよかったです。

◆ 文理はどのように利用しましたか?

 基本的には自習室に毎日ラストまでこもって勉強していました。この近辺は夜11時まで空いてる予備校は少なくて、長い時間を有効活用してできました。また、気になったところで、自分一人では解決できない部分をすぐに質問できたところがよかったです。勉強法とか、自分のレベルに合った問題に一緒に取り組めたのも受かった要因かと思います。

◆ 最後に、後輩たちへのメッセージをお願いします!

・英語が苦手な人は英文精講をやるべき!難易度は高いが、その分重要な単語、イディオムもいっぱい
 でてくるし、いつも同じパターンのときがあるから真剣にやれば頭に入れやすいと思う。
・数学は一冊の問題集を極めるべき!チャートやフォーカスはぶ厚いがその分いいことがいっぱい。
 確認問題などもやることで力がつく。
・理科科目は高校でわかる範囲まで掘り下げて理解すれば、自然と答えはわかるはず!!